さまざまな楽しみ方

*コーチや先輩にアドバイスして貰いましょう
*スカッシュの書籍やDVD などもあります

基本の打ち方はこちら
スカッシュのためのストレッチはこちら

まずは打ってみよう

ラリーをしてみよう

ゲームをしてみよう

みんなで楽しもう

試合に出てみよう

3/4ゲームを楽しむ(左の長身遠藤選手と中央の小林選手が対戦中)

3/4ゲームを楽しむ(左の長身遠藤選手と中央の小林選手が対戦中)


まずは打ってみよう

ボールの弾み方やコートの壁を試してみましょう。サイドウォールに添った「ストレート」が基本となります。自分が思う場所に打てるよう練習します。相手がいない時に一人打ちでボールに慣れておくのは重要です。


ラリーをしてみよう

誰か相手がいるならば、ボールを打ち合ってみましょう。ツーバウンドする前に打てばOK。何でも打ってみましょう。クロスで打ち合うのも良いですが、慣れてきたらばストレートの打ち合い(ストレートラリー)を続けられるように練習すると、より上達しやすいです。


ゲームをしてみよう

スカッシュは1 ゲーム11 点で、5 ゲームズマッチが正式な試合です。サーブ権に関係無く得点が入ります。(ラリーポイント制)古い書籍などでは、サーバーのみが得点できると書かれていますが、近年に変更になり、現在は11 点のラリーポイント制(PAR11)がプロを含めて正式な試合の得点方式となっています。

サーブはサービスボックスからフロントウォールのサービスラインより上に当たるようにして、コートの真ん中より後ろ、自分のいる側の反対の部分に打ち込みます。
さあ、ゲームを楽しみましょう!

詳しくはスカッシュルールへ


みんなで楽しもう

3 人以上の場合は、4分の3ゲームがお薦めです。6名程度までが一緒にコートに入りますが、ラリーは1対1でやり、待っている人はサーブを打つ場所を含むコートの4 分の1 を待避所にします。ゲームができる範囲はオレンジのゾーンです。1 ラリーずつ、負けたら交代して、次々に対戦します。ゲーム展開が限定されますが、みんなで楽しめます。

フォアハンド側の3/4ゲーム

腕が上がってきたら、打っても良いエリアを狭くしたり、ボースト禁止にしたり、ルールを厳しくするとより楽しめます。

待避所側に入るクロスコートドライブを打ったらば負けとなります。待避所にいる人もゲーム展開を見守って、ボールの動きを常に見守ります。安全に配慮して楽しみましょう。









試合に出てみよう

スカッシュは様々なグレードの試合があります。初心者の方を対象にした大会も多く、気軽に楽しめます。(大会広告などをご覧下さい。)

ジュニア(19 歳未満)やマスターズ(普通30 歳以上)などの年齢制限がある試合や、キャリアに応じたグレード分けなども有るので自分にフィットした大会を選びましょう。

JSA 主催のマスターズカーニバルは、年齢が高くなってから始めた方でも楽しく出場して頂ける大会です。また全日本ジュニアやジャパンジュニアは始めたばかりのジュニア対象のグレードがあります。是非トライしてみましょう。

マスターズカーニバルへ

全日本ジュニアへ

ジャパンジュニアへ