高機能シャツの着用禁止に関わるガイドライン(予告)

国際的なルールの規制により2018年4月以降の日本スカッシュ協会公認大会におけるフルレングス高機能ウェアの着用を禁止する。
ただし、四頭筋、ハムストリングスをサポートするもの、(手首から肘までをサポートするもの)及び肘のみをサポートするものは着用が可能とする。

●競技ルールへの適用
試合中に本シャツを着用していたことが発覚した場合、当該の選手を負けと扱う。

●適用範囲
選手権大会、オープン大会の選手権クラス、全日本選手権大会、全日本選手権大会のマスターズクラス
フレンドシップクラス、全日本選手権以外のマスターズクラス(マスターズカーニバルを含む)は対象外とします。

●適用開始日
2018年4月1日

●フルレングスとは
二の腕と肘の部分が分かれていなく、肘上より手首付近までつながっているものと定義する。(写真参照)

●使用不可(例)

二の腕とヒジの部分が分かれてない。 手首まであるタイプ

二の腕とヒジの部分が分かれてない。
手首まであるタイプ

モモと肘の部分が分かれてない。 七分までタイプ

モモと肘の部分が分かれてない。
七分までタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

●使用可(例)

肘上までのタイプ

肘上までのタイプ

ふくらはぎのタイプ

ふくらはぎのタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————————————————–

【以下に他の服装規定について再掲載いたします】

服装規定に追加事項がありますのでここに告知いたします。

現在、世界的にフルレングス(腰から足首までをカバーする)高機能タイツの着用を禁止する流れがあり、JSAとしてもこれに附随することとなりました。

※フルレングスとはモモとヒザの部分が分かれていないもので、ひざ下より下までつながっているものを言います。(写真参照)

つきましては来年度4月1日以降に開催される大会において、男女ともに禁止と致します。

なお、四頭筋、ハムストリングスをサポートするもの、(腰から太ももまでをサポートするもの)及びふくらはぎのみをサポートするものは着用が可能です。
あくまで一体物で腰から足首までをサポートするものが禁止対象となります。

競技委員会
————————————————–
大会主催者各位

国際的なルールの規制により、来年度4月以降の公認大会においてフルレングスの高機能タイツの着用を禁止することとなりました。

つきましてはこのルールが定着すると思われるまでの期間、募集要項、並びに大会注意事項に服装規定を記載する際に、「フルレングスの高機能タイツの着用はできません」と記載いただきたく存じます。

※フルレングスとはモモとヒザの部分が分かれていないも、腰からひざ下までつながっているものを言います。(写真参照)

競技委員会

使用不可

ng1

モモとヒザの部分が分かれてない。
足首まであるタイプ

ng3

モモとヒザの部分が分かれてない。
七分までタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用可

ok1

ヒザ上までのタイプ

ok2

ふくらはぎのタイプ

 

 

 

 

 

 

 

2010年4月1日より男子のスカッシュ競技者の服装規定を以下のように変更し、一部の襟無しシャツの着用を認めます。

男子競技用服装規定

男性の競技ウェアは、半袖のゲームシャツ(上下がコーディネートされた襟無しシャツ*を含む)、ショートパンツ、ソックスと競技用シューズとする。禁止される服装は、トレーナー、薄手の運動用パンツ、ランニングパンツ、スパッツやレギンスなどの体のラインがはっきり出る物のみの着用、 ドレスシャツ(Yシャツなど)、Tシャツとする。

*要件を満たしていても広告宣伝のみが目的で作られた木綿Tシャツは認めない。
参加賞のTシャツは競技委員会の許可によりその大会に限り着用を認めるものとする。

競技服装規定についての下記付則を平成 22 年10 月1 日より施行いたします。

mens_wear_kitei男子競技服装規定付則および参考例

カテゴリー: ガイドライン, 競技委員会からのお知らせ   パーマリンク