アジアスカッシュ選手権大会 日本代表選手出発

第19回アジアスカッシュ選手権個人戦2017 インド大会 日本代表選手 出発!

player

平成29年4月26日から30日までの5日間、インド・チェンナイにて、第19回アジアスカッシュ選手権個人戦が開催されます。

大会名:第19回アジアスカッシュ選手権・個人戦2017
19th ASIAN INDIVIDUAL CHAMPIONSHIPS 2017

大会日程:2017年4月26日~30日
派遣日程:2017年4月24日~5月1日
開催地:インド・チェンナイ
大会会場:Indian Squash Academy, Chennai,Tamil Nadu,India

日本代表派遣選手は以下の通り、男子1名、女子2名が出場します。
男子:机龍之介
女子:小林海咲、渡邉聡美
帯同コーチ:佐野公彦

今大会の参加メンバーは、男子は机龍之介、女子は小林海咲と渡邉聡美という、国内最高の選手達で挑むことになります。
各選手ともに厳しい組み合わせになりますが、帯同コーチとして、選手達が今出せる力を全て出し切ってもらえるようにサポートしていきます。
日本からの応援、よろしくお願いします。

大会ドロー

カテゴリー: JSAより, 遠征情報 | コメントは受け付けていません。

アスリートタレント武井壮がワールドマスターズで世界チャンピオンに挑戦! MBS毎日放送「戦え!スポーツ内閣」にて放送! 松井千夏選手も出演!

今日はヨコハマスカッシュスタジアムSQ-CUBEにて、百獣の王でおなじみの武井壮さんが現れました!
なんと武井さんは、今週始まるワールドマスターズ2017オークランド大会で元スカッシュ世界女王のサラ・フィッツジェラルド選手に戦いを挑む!ということで、松井千夏コーチが、サラ対策特別レッスンを行いました!
MBSテレビ(TBS系)「戦え!!スポーツ内閣」で、アスリートタレントの武井壮さんが、スカッシュに挑戦します。
なんと武井さんは、今週始まるワールドマスターズ2017オークランド大会で元スカッシュ世界女王のサラ・フィッツジェラルド選手と対戦をするという企画。ニュージーランド出発前の練習は、ヨコハマスカッシュスタジアムSQ-CUBE横浜で、松井千夏選手のコーチングを受け、勝負に勝つにはやはり基本が大事だと伝授されていました。

レッスンの様子や、松井選手のインタビュー、そしてニュージーランドでのサラとの対戦の様子は、5月17日(水)よる11時58分からの番組で放送される予定です。

オークランドでの武井壮VSサラ・フィッツジェラルドの対戦は、4月22日(土)15時〜の予定。
大会に参加の皆様は、是非サラに挑む武井選手の応援に駆けつけてください!

jsa_170422_sportsnaikaku1
jsa_170422_sportsnaikaku2
jsa_170422_sportsnaikaku3
jsa_170422_sportsnaikaku4

コーチの松井千夏選手

コーチの松井千夏選手

サラ・フィッツジェラルド(Sarah Fitz-Gerald)さんのTwitter→https://twitter.com/fitzsquash

カテゴリー: スカッシュマスコミニュース | コメントは受け付けていません。

2人のジュニアチャンピオンが川崎市長を表敬訪問。ティップネス宮崎台発

4月18日(火)ティップネス宮崎台店所属の池田悠真、安藤優太の2名ならびに吉留コーチが川崎市の福田紀彦市長に表敬訪問し、JOCジュニアオリンピックカップ第21回全日本ジュニアスカッシュ選手権大会の優勝報告をしました。コーチ、選手より優勝報告ならびに今後の抱負を述べ、福田市長よりお祝い、激励のお言葉を頂き、スカッシュを話題に親睦を深めました。

当日は福田紀彦市長、川崎市スポーツ協会 斉藤義晴会長(写真)、川崎市市民文化局 鈴木健二局長にも出席して頂きました。
※集合写真 向かって左から斉藤会長、池田選手、福田市長、安藤選手、吉留、鈴木局長

jsa_170418_kawasakishi1
jsa_170418_kawasakishi2

こちらの様子が東京新聞、読売新聞それぞれの川崎版に大きく掲載されましました。

東京新聞はネットページにも掲載されています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201704/CK2017041902000175.html

池田選手は、この春からジュニアにとってスカッシュがもっと練習しやすい環境を求めて、拠点をマレーシアに移しトッププレーヤーを目指します。安藤選手もジュニア仲間とともに、強化指定選手入りをめざし練習を続けます。今後共頑張ってください。

カテゴリー: ジュニアニュース, スカッシュマスコミニュース | コメントは受け付けていません。

ペナンジュニアオープン2017のご案内

『ペナン(マレーシア)ジュニアオープン』(公社)日本スカッシュ協会役員が帯同するツアーのご案内です。
本大会は、アジアで最大規模のジュニア大会で、ジュニア選手にとって、大きな経験となる素晴らしい大会です。是非お誘いあわせの上ご参加下さい。

<遠征期間>平成29年6月28日(水)〜7月6日(木)
<大会期間>平成29年6月30日(金)〜7月5日(水)
<大会会場>Nicol David International Squash Centre, Bukit Dumber, Penang, Malaysia
<実施年齢カテゴリー>男女アンダー 19 / 17 / 15 / 13 / 11 全て2試合保証

=====  2017年7月5日(大会最終日)時点での年齢  =====

詳細は添付のご案内をご覧下さい。

ご案内(PDF)

申込用紙(Word)

カテゴリー: JSAより, ジュニアニュース, 海外大会案内 | コメントは受け付けていません。

ワールドマスターズゲームズ2017 オークランド大会参加の皆様へ

いよいよ今週出発となるワールドマスターズゲームズ(以下WMG)2017オークランド大会ですが、参加の皆様はご準備は万端でしょうか? ニュージーランドは丁度日本の気温と同じくらいということで、過ごしやすそうな天候の様です。

さて、ワールドマスターズゲームズ(以下WMG)2021関西の組織員会 競技運営部より、4月22日から始まる、オークランド大会 スカッシュ競技の要項の和訳が届きました。

こちらは、組織員会の各担当者による和訳で、現状書式や表現が統一されていないことが一部あるとの事です。あくまでも参考資料としてご覧ください。

また、これは4月10日時点のHPの和訳になりますが、現在もHPが更新されているため、最終的なスケジュールや競技時間等の確認は、必ずHPから最新情報を確認してください。それでは参加の皆様、お気を付けて楽しみにお出かけ下さい!

競技要項(PDF)

https://worldmastersgames2017.blob.core.windows.net/docs/WMG2017-Squash-Sports-Information-Guide.pdf 競技要項

http://www.worldmastersgames2017.co.nz/the-sports/schedules-and-results/squash/ スカッシュページ

カテゴリー: JSAより, 海外大会案内 | コメントは受け付けていません。

高機能シャツの着用禁止に関わるガイドライン(予告)

国際的なルールの規制により2018年4月以降の日本スカッシュ協会公認大会におけるフルレングス高機能ウェアの着用を禁止する。
ただし、四頭筋、ハムストリングスをサポートするもの、(手首から肘までをサポートするもの)及び肘のみをサポートするものは着用が可能とする。

●競技ルールへの適用
試合中に本シャツを着用していたことが発覚した場合、当該の選手を負けと扱う。

●適用範囲
選手権大会、オープン大会の選手権クラス、全日本選手権大会、全日本選手権大会のマスターズクラス
フレンドシップクラス、全日本選手権以外のマスターズクラス(マスターズカーニバルを含む)は対象外とします。

●適用開始日
2018年4月1日

●フルレングスとは
二の腕と肘の部分が分かれていなく、肘上より手首付近までつながっているものと定義する。(写真参照)

●使用不可(例)

二の腕とヒジの部分が分かれてない。 手首まであるタイプ

二の腕とヒジの部分が分かれてない。
手首まであるタイプ

モモと肘の部分が分かれてない。 七分までタイプ

モモと肘の部分が分かれてない。
七分までタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

●使用可(例)

肘上までのタイプ

肘上までのタイプ

ふくらはぎのタイプ

ふくらはぎのタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————————————————–

【以下に他の服装規定について再掲載いたします】

服装規定に追加事項がありますのでここに告知いたします。

現在、世界的にフルレングス(腰から足首までをカバーする)高機能タイツの着用を禁止する流れがあり、JSAとしてもこれに附随することとなりました。

※フルレングスとはモモとヒザの部分が分かれていないもので、ひざ下より下までつながっているものを言います。(写真参照)

つきましては来年度4月1日以降に開催される大会において、男女ともに禁止と致します。

なお、四頭筋、ハムストリングスをサポートするもの、(腰から太ももまでをサポートするもの)及びふくらはぎのみをサポートするものは着用が可能です。
あくまで一体物で腰から足首までをサポートするものが禁止対象となります。

競技委員会
————————————————–
大会主催者各位

国際的なルールの規制により、来年度4月以降の公認大会においてフルレングスの高機能タイツの着用を禁止することとなりました。

つきましてはこのルールが定着すると思われるまでの期間、募集要項、並びに大会注意事項に服装規定を記載する際に、「フルレングスの高機能タイツの着用はできません」と記載いただきたく存じます。

※フルレングスとはモモとヒザの部分が分かれていないも、腰からひざ下までつながっているものを言います。(写真参照)

競技委員会

使用不可

ng1

モモとヒザの部分が分かれてない。
足首まであるタイプ

ng3

モモとヒザの部分が分かれてない。
七分までタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用可

ok1

ヒザ上までのタイプ

ok2

ふくらはぎのタイプ

 

 

 

 

 

 

 

2010年4月1日より男子のスカッシュ競技者の服装規定を以下のように変更し、一部の襟無しシャツの着用を認めます。

男子競技用服装規定

男性の競技ウェアは、半袖のゲームシャツ(上下がコーディネートされた襟無しシャツ*を含む)、ショートパンツ、ソックスと競技用シューズとする。禁止される服装は、トレーナー、薄手の運動用パンツ、ランニングパンツ、スパッツやレギンスなどの体のラインがはっきり出る物のみの着用、 ドレスシャツ(Yシャツなど)、Tシャツとする。

*要件を満たしていても広告宣伝のみが目的で作られた木綿Tシャツは認めない。
参加賞のTシャツは競技委員会の許可によりその大会に限り着用を認めるものとする。

競技服装規定についての下記付則を平成 22 年10 月1 日より施行いたします。

mens_wear_kitei男子競技服装規定付則および参考例

カテゴリー: ガイドライン, 競技委員会からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

2017年4月10日付発表ランキング

2017年4月10日付けを発表いたしました。以下のリンクからご覧下さい。サイト上部にもリンクがございます。

※今回のランキングはH28年度の会員情報を元に作成しております。
H29年度の会員登録で変更された内容は6月10日発表ランキングから反映されます。

 

2017年4月10日付男子ジャパンランキング

2017年4月10日付女子ジャパンランキング

カテゴリー: ランキング, 競技委員会からのお知らせ | コメントは受け付けていません。

平成28年度募金・寄附報告

jsa_170408_donation-2

カテゴリー: JSAより, 募金御礼 | コメントは受け付けていません。

アジア連盟レベル2コーチングコース 追加募集 参加資格変更あり

≪アジアスカッシュ連盟レベル2コーチングコース開催のお知らせ≫

アジアスカッシュ連盟公認のコーチングライセンス取得のための講習会になります。対象は、JSA公認レベル1,世界スカッシュ連盟公認又はアジア連盟公認のレベル1のどれかをお持ちの方(但し取得後1年以上である事)になります。日本国内で、講義も試験も日本語で行うのはこれが最後のチャンスとなると思いますので、是非この機会に受講されることをお奨めします。

 <主催> 公益社団法人 日本スカッシュ協会

<公認・協力> アジアスカッシュ連盟

<日程> 平成29年6月20日(火)~24日(土)※全日9時~19時を予定します                   ※20日~23日はレクチャー及び実技、24日は終日試験となります

<会場> スカッシュマジックアカデミー(小田急線 愛甲石田駅)

神奈川県伊勢原市石田918石田スポーツプラザ内・0463-91-3201

<講師> 足立美由紀(ASFコーチ委員・ASFレベル2講師・JSAコーチ委員)

             各専門分野講師

<参加資格> 以下の方を対象とさせていただきます

  1. JSA公認レベル1コーチ 

  2. WSF公認レベル1コーチ

  3. ASF公認レベル1コーチ

  4. <申込方法> 現金書留に申込用紙・参加費を同封して下記申込先までお送りください

    <申込先> 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-1-10                                  ニュー松本ビル2F

  5.       公益社団法人 日本スカッシュ協会 ASFレベル2

  6.                          TEL:03-5256-0024

    <申込締切> 平成29年4月14日(金)※必着

  7. <定員> 12名(先着順・最低催行人数8名)先着順 

    <受講料> 55,000円(講習費・試験料込)※連盟への登録費はありません。

    <問い合わせ先> (公社)日本スカッシュ協会 

    E-mailsquash@japan.email.ne.jp  TEL:03-5256-0024

申込用紙(Excel)

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

スカッシュデー・スカッシュウィーク2017 各イベント実施後のご報告

2017年2月4日(土)〜14日(水)で行われたスカッシュデー・スカッシュウィークは全国各地より、参加20団体、参加者総数1,793名による笑顔があふれたイベントになりました。各地から笑顔の写真が届きました。

jsa_170204_sdsw_img01
jsa_170204_sdsw_img02
jsa_170204_sdsw_img03
jsa_170204_sdsw_img04
jsa_170204_sdsw_img05
jsa_170204_sdsw_img06
jsa_170204_sdsw_img07
jsa_170204_sdsw_img08
jsa_170204_sdsw_img09
DSC_0756
DSC_0760
DSC_0758
jsa_170204_sdsw_img13
jsa_170204_sdsw_img14
jsa_170204_sdsw_img15
jsa_170204_sdsw_img16
jsa_170204_sdsw_img17


2017スカッシュウィーク&デーイベント報告書

各カテゴリーのトップ賞については下記の結果のとおりです。

 ☆スカッシュデー大会     ティップネス宮崎台 45名
 ☆スカッシュデーイベント   スパ白金      42名
 ☆スカッシュウィーク大会   中国四国支部(マスカットスタジアム) 217名
 ☆スカッシュウィークイベント ヨコハマスカッシュスタジアムSQ-CUBE 477名

*上記団体にはダンロップPROXXボールをプレゼントいたします。

また、今回のスカッシュデー・スカッシュウィークではスカッシュを愛するヤングエグゼクティブの方々にスカッシュの魅力やスカッシュとの出会いについて語って頂き機関誌、HP等でご紹介させて頂きました。広く、熱くスカッシュが楽しまれている事を再認識できたスカッシュウィークとなりました。
ご参加いただきました団体、皆様、関係者の皆様には御礼を申し上げます。

スカッシュデー・スカッシュウィーク実行委員会

カテゴリー: JSAより | コメントは受け付けていません。